【ワンピース 考察】SSG完全考察‼Dr.ベガパンクと完成版パシフィスタ‼【ワンピースネタバレ】

【ワンピース 考察】SSG完全考察‼Dr.ベガパンクと完成版パシフィスタ‼【ワンピースネタバレ】

【ワンピース考察】※ワンピースネタバレを含むこともあります。
今回の動画内容
・SSGとは
・Dr.ベガパンクと完成版パシフィスタについて
・悪魔の実の能力を宿す
・ワポメタルの導入

考察してほしいネタや皆さんの考察などありましたらコメント欄にお願いします!
みんなで一緒にワンピース考察楽しみましょう!
ぜひチャンネル登録・高評価もよろしくお願いします!

<引用元>
尾田栄一郎/集英社 ONE PIECE

にほんブログ村 アニメブログ ONE PIECEへ
おDんのワンピース考察
ONE PIECE速報

コメント

  1. カクシカ より:

    そういえば、レヴェリー編において五老星は、
    「三大勢力の均衡を保つのは最早不可能であり、一度大きく掃除をする必要がある。」
    という趣旨の発言をしていました。
    つまり、
    四皇1VS四皇2VS四皇3VS四皇4
    VS海軍本部&王下七武海
    という構図を崩し、王下七武海または四皇を一掃すべきと考えているようです。

    彼らが以前より、七武海の穴埋めを急いだり、四皇同士の接触を止めようとしたり、三大勢力の維持に執心していたにも関わらずです。

    三大勢力の維持が不可能だと考えた理由は、
    ・ルフィ達の行動により補充したばかりの七武海がすぐに離脱してしまったことや、
    ・政府として容認し難い問題行動をとる者が続出したこと、
    ・藤虎やコブラ王、リク王などを中心に七武海制度撤廃派が影響力を拡大したこと
    などが考えられますが、
    「大きく掃除する」という発言や、五老星の権限を考えるとレヴェリーで決議された議題を拒否することが可能だと思われるのに(流石に加盟国の反感は強まり、レヴェリーの存在意義が問われる事態にはなるでしょうが)、それをしなかったということを考慮すると、
    五老星の面々も七武海の撤廃はやむなしと考えている節があるのではないかと思います。

    ところで、彼らの「大きく掃除」発言は、SSGの新兵器開発を受けたものなのでしょうか。
    もしそうだとしたら、ベガパンクの兵器がなければ「大きく掃除」すべき状況でどうするつもりだったのでしょうか。
    ベガパンクの兵器を抜きにして、政府が四皇や七武海を打倒できる戦力を所有している可能性はないでしょうか?

  2. パイナップルだよい より:

    今日初めて見させて頂きました。天才だと思います

  3. 赤兎馬鬼殺し より:

    悪魔の実というよりも人造悪魔の実の方がベガパンクっぽい

  4. 義義 より:

    Zかなんかのワンピースの映画で出てきた、
    白いパシフィスタ?が完成系なのかな??

  5. 鶏モモ肉 より:

    ワンピースの世界において、悪魔の実は相当貴重なものだと思います。
    量産できる兵器に使うくらいなら、優秀な海兵に使った方が海兵の生存率、組織としての能力の底上げになりそうなのと、いくら海軍とはいえそんなにかき集められるものではないのではないかと思っています。

    悪魔の実は魂に宿るは完全に同意ですが、
    バーソロミューくまのニキュニキュの実の能力が全パシフィスタに宿っている、もしくはスマイルの完全版、無機物限定で使えるような悪魔の実もしくは類するものの量産に成功の方が、個人的には納得できる気がします。

    いつも動画楽しみに見ています!
    めちゃくちゃ面白い考察いつもありがとうございます!

  6. L A より:

    ベガパンクってチエチエの実(知恵)の能力者では?

  7. ビッグニュース・モルガンズ より:

    ワポメタルみたいな悪魔の実の能力の
    副産物?的なものは海に弱いのかな?

  8. おいしいちくわ より:

    onepieceの世界って物の意思、魂の描写が度々出てくるからなぁ、最近だと使用者の覇気を吸い取るみたいな刀とか出てきたし笑
    てか考察がおもろすぎる!考察する上で納得できるかつ聞いた人に面白さを伝えれるってすごいよ笑

  9. かくれはぐれ より:

    SSG、完成版パシフィスタは古代巨人族の血統因子によって作られた能力を有する人間兵器だと思うのですがどうでしょう?
    ナンバーズがパンクハザードから買い取られた古代巨人族の失敗作とありましたが、態々失敗作と表現しているという事はいずれ成功作が登場するという事。
    パンクハザードでは過去ベガパンクが人造悪魔の実、血統因子、人体の巨大化、物に悪魔の実を食べさせる技術、等様々な研究を行っていましたが、それら研究の集大成、最終目標がSSGだったのではないでしょうか?
    そもそも人体の巨大化の研究は政府によって何百年も行われており、その研究はパンクハザード編当時のベガパンクですら未だ失敗しているようでした。
    “人の巨大化”ってのは
    何百年も前から推進されてる「世界政府」の研究だ。
    (何のために?)“兵士”だろうな…
    好きなだけ巨大な兵士を増産できりゃ政府に敵はいなくなる…
    という描写も存在しています。
    ベガパンクがパンクハザードで研究を行っていたのが20数年前、カイドウがナンバーズを買い取ったのも少なくとも20年以上前ということからも、時系列的にナンバーズがベガパンクによって生み出された可能性は高いと思います。
    その研究が成功し、遂に完成したのがSSGなのではないでしょうか?

  10. カクシカ より:

    能力が魂に宿ると仮定したとき、脳を含む全身を全てを機械に置き換えたくまが能力を使えることは機械の体に魂が宿っていることを意味します。
    能力者は自らの身体から能力を放ちます。
    全身が生身の人間は、「自分自身の肉体」と「それ以外の物体」の区別が一応つきますが、全身を「それ以外の物体」で置き換えたくまにとってはその境界が限りなく曖昧であると思われます。
    つまり、くまは自分の体以外の物体を自分の体と解釈して能力を行使できる可能性があるのではないでしょうか。
    例えば巨大な兵器などと自身を接続して兵器を介して能力を行使するなどのことが可能かもしれません。

  11. カクシカ より:

    マムの能力についてですが、ソルソルの魂は命無きものに命を与え、(生命力ではなく)寿命を操作するオカルティックな能力です。
    マムはソウルを分割して人やものの間で行き来させることができますが、魂に宿った能力に関してはどうなるのでしょう。
    例えば、オペラから奪ったソウルを無能力者に与えることで、その人物をクリクリの実の能力者にすることができるのでしょうか。
    そうでなければ、能力が宿る魂とマムのソウルは別の概念ということになるんですかね。

  12. カクシカ より:

    魂と精神は異なるものである可能性が高そうですが、
    ブルックの精神は黄泉の国に迎えられた後に現世に帰還しても魂と分かたれることは無かったことから、それなりに強い力で結ばれているようです。
    一方でローの能力は簡単に精神と魂を引き離すことができるようです。
    通常、魂の内に精神が内在しており、魂は人間の肉体と深く結び付いている一方で、精神は比較的容易に分離することができるようです。

    私が思うに、魂は本来全ての生物に共通するプレーンで無個性な存在であり、精神はその生物の人格?を司る存在なのだと思います。また、精神は魂と強く結び付いているものと思われるので、
    精神と魂の関係を例えるなら、魂を容器とすると、精神がその中身。魂をハードウェアとするなら、精神はソフトウェアと言うことができると思います。

    また、ソルソルの実が魂を操作する力とするなら、精神を操作する能力として存在するのが、しばしばソルソルの実と比較されるカゲカゲの実ではないかと思います。影は持ち主の精神を内包しているようでしたから。

  13. noy skt より:

    パシフィスタに
    何故「黄猿のレーザー」が標準搭載しているのか、が気になります。
    「黄猿のレーザー」に深い意味はないのでしょうか。気になります。

  14. 3030リピーター より:

    生き物に元々魂が宿っているわけではなく自分の人格が自らの身体を大切にしているということで身体に魂が宿るとも取れますね

  15. ster SKY より:

    それでもミホークが負ける描写は想像できないと言う所はあるよね。

  16. へきすい より:

    声が変わってる気がする
    交互に話してる??

  17. 【】ペンギン より:

    悪魔の実自体が貴重であることを考えると能力が必ず手に入るようになった完成版SMILEを食わせてる可能性もある
    ベガパンクの元部下のシーザーとジャッジを超えた上でその二つを融合させてるのでは

  18. 宮本ノ翁【おっき〜】 より:

    世界最大の頭脳ってベガパンクじゃなくて尾田先生説

  19. 瑠璃色の漢 より:

    何もワンピースの事分からんけど
    デカデカの実 部位脳or頭
    とかありそう

  20. ヤニカスNEET より:

    最初にくまとドフラミンゴが出てきた頃が懐かしい…